スポーツベッティングとは、スポーツを対象にして賭けをすることです。
さまざまな種類のスポーツが賭けの対象になっていて、サッカーやテニスなどの人気のあるスポーツだけでなく、あまり知られていないマイナーなスポーツが賭けの対象になることもあります。
スポーツをするのが好きな人にも、スポーツ観戦が好きな人にも人気があるギャンブルです。
ヨーロッパでは非常に古くからおこなわれていて、100年以上の長い歴史があります。
日本で販売されているサッカーくじも、スポーツベッティングの一種です。
その一方で、外国でおこなわれているスポーツベッティングは、非常に種類が豊富であることが特徴です。
賭けることができるスポーツだけでなく、賭けの対象となるスポーツの大会も非常に幅広いです。
世界中の人が注目している国際的なスポーツの大会を対象にして賭けがおこなわれることもあれば、特定の地域でおこなわれているローカルな大会が、賭けの対象となることもあります。
自分の好きな試合を選んでベットできるので、賭ける人にとっても遊びがいのあるギャンブルです。
さまざまなことを予想の対象にしていることも、スポーツベッティングの大きな特徴です。
ベットの対象となることが多いのは、試合の勝敗の予想です。
プロのスポーツリーグの試合や、国際大会の試合の勝敗を当てるベットは特に人気があります。
勝敗以外のことを予想するものも多く、スポーツリーグの優勝チームを当てることが目的のものもあります。
こうしたタイプの賭けは、一つの試合の予想よりも長期的な分析が必要になるため、当てるのが難しいことも多いです。
毎年良い成績を残しているチームが優勝できるとは限らないところも、こうしたタイプのベットが難しい理由です。
スポーツベッティングの中には、スポーツの試合の得点が予想の対象になっているものもあり、特定のチームがその試合で何点の得点を獲得できるかを正しく予想できれば、賞金をもらえます。
こうしたタイプのベッティングは、勝敗の予想よりもさらに高度な分析が必要になります。
誰が得点を入れるか予想する必要もあり、相手チームの強さなども考慮して、その試合に入るであろう総得点を予想することになります。
スポーツベッティングは主にヨーロッパを中心とした地域でおこなわれてきましたが、近年ではより多くの地域で楽しめるようになっています。
特に楽しむ人が増えているのは、アメリカ合衆国です。
アメリカでスポーツを対象にした賭けを楽しむ人が増えたのは、スポーツの結果をギャンブルにすることを禁止する法律が廃止されたからです。
法律が廃止された後は、アメリカ国内の複数の州で、スポーツを対象にしてギャンブルをすることが正式に認められるようになりました。
ですが、全ての州で合法化がされたわけではなく、州によってはいまだに合法化がされていない場合もあります。
そのためにアメリカに行ってスポーツのギャンブルを楽しみたい場合には、賭けが合法化されていて、実際にギャンブルがおこなわれている州を選ぶ必要があります。
合法化がされていても、まだ実際におこなわれていない州もあるので注意が必要です。
アメリカで特に人気があるのは、アメリカンフットボールのプロリーグを賭けの対象にしたものです。
もともとアメリカンフットボールはアメリカ人に非常に人気のあるスポーツだったのですが、試合の結果がギャンブルの対象にできるようになったことで、さらに注目を集めるようになりました。
日本でもインターネットを使用すれば、海外のブックメーカーで運営しているサイトで、スポーツを対象とした賭けをすることが可能です。
こうしたサイトでは、日本のスポーツが賭けの対象になっていることもあります。